어느 날 ある日

김현수: 제가 그런 게 아니에요.

신중한: 현수야, 잘 듣고 가슴에 새기는 거야. ‘무엇이 사실이어야 나한테 유리한가’ 그것만 기억해.

ヒョンス: 僕はやってません。

ジュンハン: ヒョンス、よく聞いて胸に刻んでくれ。「何が事実だったら自分に有利か」それだけ覚えておけ。

前の記事

치킨 チキン