NADA韓国語スクール 講師紹介

代表 金 玄玉(キム ヒョンオク)

名前 金玄玉(キムヒョンオク)
出身 韓国・木浦
専攻 日本語・文学、大学院では東アジアの政治や韓国北朝鮮の政治を勉強しました。また同時通訳師のトレーニングを受け、日本のマスコミなどで通訳、翻訳の仕事をしました。

心が本当に楽しめるものを見つけたあなたはラッキーです。「自分の好き」をさらに好きなれるようにお手伝いします。

監修・連載・掲載実績

語学雑誌韓国ジャーナル36〜39号に「数字で覚える韓国現代史」を連載

日韓の文法の違いを研究した成果を「東アジア地域研究学会誌」に掲載

語学書籍の韓国語の監修に携わりました。

李 在原(イ ジェオン)

名前 李 在原(イ ジェオン)
出身 韓国・ソウル
専攻

経営学・コンピューター工学、認知情報分析学

日本語勉強のきっかけ

父の留学で幼年期を日本で過ごし、日本への思い出がたくさんあり日本語の勉強することになりました。日本語はビジネスレポートなどを正確に読めるように頑張りました。

韓国をもっと「深く・広く」知って頂けるために頑張ります。

朱 志姫(ジュジヒ)

名前 朱志姫(ジュジヒ)
出身 韓国・ソウル
専攻 英語/日本語専攻
日本語勉強のきっかけ 大学校での日本語の勉強は專攻でも試験勉強だけだったので、最初来日した頃は会話能力はほぼゼロで、自信も全くない素人と同然でした。改めて日本語学校に通い、日本で生活する中で、日本にそして日本語に段々慣れてきました。自然に身についてきた日本語は、今は勉強歴倍以上の英語よりも楽になりました。

きっかけはなんだっていいと思います。何かを素人から始めるということは、不安もありつつも素晴らしいことだと思います。

「시작이 반이다 始まりが事の半分」という言葉のよう、心立って始めた皆さんはすでに半分またはそれ以上の道を歩んできているでしょう。

毎日のように韓国語に接することとともに自然に身についたら忘れようとしても忘れられないものになると思います。

自分が好きな方法で毎日韓国語に触れる中、楽しみながら少しづつなりきっていくと思います。

呉 俊鎬(オジュンホ)

名前 呉俊鎬(オジュンホ)
出身 韓国・ソウル
専攻 日本近代文学、国際経営学
日本語勉強のきっかけ 学生時代、日本に旅行行ったことがきっかけで、日本の文化に魅了され、高校卒業後、日本の大学の文学部に進学しました。

言語は、文化の理解から始まると思います。一緒に日韓の文化を理解し合う時間に慣れれば嬉しいです!